男子学生

ワーキングホリデーとは青年(年齢は受け入れ国により異なります)が、長期に海外に滞在し、その滞在費を補填するために働くことが許される制度です。
現地の語学学校で勉強することも可能です。
若い世代では略してワーホリといわれています。
広い国際的視野を持つ青年を育成することが目的の有意義な制度です。
学生ビザで入国する留学とは異なり、ワーキングホリデービザが必要になります。
一度この制度を利用して入国した国へは、再び同じ制度で入国することが出来ません。
人気があるのはオーストラリアとニュージーランド、カナダなど英語圏の国ですが、日本と協定を結び受け入れている国は12カ国あります。
現在受け入れを検討している国も多く、将来的には更に増える可能性があります。

必要となる費用

ワーキングホリデーでは働くことが出来ますが、すぐに希望する仕事が見つかるとは限りません。
滞在期間も1年という長期になります。
そのため、しっかりした費用の準備が必要です。
最低限必要となる費用は、ビザ申請費、往復の航空運賃や長期滞在用の海外旅行保険の保険料、仕事が見つからない間も生活するための滞在費などです。
生活費の金額は滞在国の物価や生活方法により違ってきます。
語学学校に一時的に通う場合はその費用も必要になります。
万が一のために緊急時の送金方法なども家族と相談しておくことが大切です。
1年は長いよう感じますが、あっという間です。
有意義な滞在になるように費用も含め、綿密な計画を立てることが必要です。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031